調和している状態が高パフォーマンスにつながる

画像の説明

調和、というのは大切だなと思います。

新年度、新しい研究室での仕事が始まりましたが、
部屋のメンバーも新しい顔ぶれになります。

荷物の搬入やPCのセッティング、掃除などをしましたが、
一緒にやることによって、
関係性を築くことができるということがあります。

勝手に自分の好きなことややりたいようにやらず、
お互いの思いや意思を調和させていく感じです。

遠慮や妥協とも違い、調和ですね。

自然と合っていくという感覚でしょうか。

考えてみると、
人との関係性だけではなく、
自然との調和というのも求められています。

季節や時間の流れと調和している時、
心地よく時が流れていきますし、
無理することなく、進んでいくものがあります。

リラックスしていて、
その場にいる感覚があり、
「いま、ここ」を十全に感じられている状態というのがあります。

家族関係でも、友人関係でも、同僚との関係でも、
ギクシャクしたり、力が入ったりしているのではなく、
調和している関係を築くと気持ちが良いものですね。

仲間、組織、時間、空間、
調和しているでしょうか。

<まとめ>

■調和している関係性というのは、
とても自然体でいられて、心地よく自分のパフォーマンスを発揮できる状態にある。

■妥協や衝突ではなく、自然と合っている状態を作る。
一緒に同じペースや呼吸を合わせるようにやると良い。
自然に合っていくから。

■リラックスして、「いま、ここ」に十全にいられる状態が、
周囲と調和している状態といえるかもしれない。
空間や時間に溶け込むように存在していられると、楽である。

コメント


認証コード9681

コメントは管理者の承認後に表示されます。