好きは感情、愛は意志

画像の説明

今日は、

成れる会大阪マーケティング塾主催による志を語る会で、
「愛」について語りました。

愛というテーマは、深いですね。

今日はちょっと、さわりだけ。

愛をめぐる言説は色々ありますね。

恋は下心、愛は真心なんていうのは、よく表現したものだと思います。
(恋という漢字は下に心がつくから、一方で愛という漢字では真ん中に心がつくから)

さて、

今日語った中では、

「好き」というのは感情であり、

「愛」というのは、行為であり、意志であり、実践であるということでした。

「好きとは言えるけれども、

愛するとはなかなか言えないなぁ」

「愛するってどういうことなんだろう」

というような会話がありましたね。

好きとか、いいなぁ、という感情と違って、

愛は意志を伴います。

相手へのコミットメントを求めるものでもあります。

他に意思を求められる行為としては、

尊敬

というものがあります。

相手に対する好意というような感情に、

自分の意志や働きかけでもある尊敬。

そういうのがあわさるところに「愛する」というものがあります。

愛とは、意志であり、行為であり、表現であり、実践です。

マインドセットであり、

コミットメントを伴うものであり、

相手の人生にこちらから関わるものであり、

与えるものであり、

包み込むものです。


結婚相手がいないという場合、

出会いがないのではなく、

愛するという実践が足りないということもあります。

愛の実践や人を愛する力がないままで、

人と表面的な出会いを繰り返しても、

それはお互いの人生への関わり合いにはならないでしょう。

いろんな愛があり、

いろんな要素があり、

いろんな力が求められるのが、愛の実践でもありますが、

ベースとしておさえておきたいのは、

愛は単なる感情的なものではなく、意志を伴うというものでしょうね。

自分を愛し、

家族を愛し、

同僚を愛し、

みんなを愛すると「決めて」行動してみるところに、

愛の実践のヒントってあります。

愛してくれるのを待つのではなく、

自分の意志の問題でガラッと世界は変わるものです。



<まとめ>

■好きとか、いいなとかいう好意という感情と、
愛には決定的に重要な側面がある。
それは、愛は意志であり、行為であり、実践であるということ。

■出会いがないのではなく、出会っているのに、
愛の実践をしていないだけということがある。
愛すると決めていないのだ。

■周囲の人を愛すると決めて、マインドセットして、
周囲の人の人生に関わり、人に与えること。
感情と、意志と、行為が重なり合うところに愛の実践がある。

コメント


認証コード9223

コメントは管理者の承認後に表示されます。