授業後、実家に電話をしました。

近畿大学の生涯学習概論の授業後アンケート結果を読んでいたら、
「授業後、実家に電話をして、両親に感謝の気持ちを伝えたことは鮮明に記憶に残っています」
というのに、衝撃を受けました。

教育格差の授業後、いかに自分が恵まれているか、いかに育ててもらってきたのかを感じ、親に電話をしたそうなのです。

まさかそんな行動変容につながっていたとはなぁ。
そうか、それは鮮明に記憶に残る体験だろうなぁ。

それにしても、今回は多くの学生が、両親がいかに自分を育ててくれたかが、長文の熱いメッセージで感想欄に書かれていて、読んでいておもしろく、嬉しくなります。
昨年度まで、こんなことなかったような気がするんだけど、どうしてそんなに響いたんだろう。
熱いな、みんな。

コメント


認証コード5337

コメントは管理者の承認後に表示されます。