2019.4.5(Fri)
自分の頭で考えているからダメなのだ
自分の頭で考えることができる人は、他人の頭を使って考えることも活用しないと枠が広がりません。持てるものすべてを使っているもの、ありとあらゆるものを使ってい
る人は、意外と少なく、自分の範囲内でブレーキをかけていることがあるのです。
詳しくはこちら

2019.4.4(Thu)
ティール組織を目指しながらついつい目標がほしくなるということ
ティール組織は、上下関係も、売上目標も、予算もありませんが、つい従来の目標達成型の発想をしてしまいます。
ティール組織では、方向性を決めてしまうのを避けるために目標を立てない方が良いのです。
詳しくはこちら

2019.4.3(Wed)
青天井の人
世の中には、思考や想像、行動や結果、が突き抜けちゃっている青天井の人がいます。
成長はある意味、天井を高くすることに近いのだけれど、青天井の人の様に、天井を壊したり、ない状態を最初から作れないかの地点から見えてくる学びもあります。
詳しくはこちら

2019.4.2(Tue)
できていないと思う方ができている
「大丈夫です」「知ってます」「わかってます」という言葉は、案外あてにならないこ
とが多いものです。
知に対する態度としては、「本当に大丈夫だろうか」「本当に知っているだろうか」「本当にわかっているだろうか」という思いを抱えながら接することが基本なのです。
詳しくはこちら

2019.4.1(Mon)
レスポンスについて思うこと
世界や社会の変化も激しい中で、見なかったことにしたり、スルーせずにレスポンスしているだろうか?自分の内なる声に応じているだろうか?
今年度は、そんなものを大切にしたいと感じています。
詳しくはこちら

2019.3.19(Tue)
教育学を教育するとは?
教育学を教育するとは、どういうことか。
このシンプルな問いに答えるのはなかなかやっかいです。
何を持って教育学を教育したと言えるのでしょうかね。
詳しくはこちら


人生は学びに満ちている

“これから生まれてくる子どもたちが、
もっと簡単に世界中の人たちや自然とつながる社会を創る。”

これが僕が日々学び、教育を研究する意図です。

この世に生まれてきてよかった、
心から思える人が1人でも増えるように。

現代社会を取り巻く状況は、
ますます複雑化してきています。

ITや医療技術などの技術革新、
人工知能の発展、
環境問題、
難民問題、
少子高齢化、
社会的格差、などなど。

経済的発展を遂げてきた日本社会ではありますが、
心の平穏まで含めた豊かさを実感できていない人も少なくないと思われます。

サン=テグジュペリは、
「真の贅沢というものは、ただ一つしかない、それは人間関係という贅沢だ。」
という言葉を残しています。

人と人がつながり、豊穣な人間関係を築くことこそが豊かさにつながるのではないでしょうか。

人は生まれてから死ぬまで、1人では生きられず、
人と人との関係性の中で生きていきます。
人は社会的な動物です。

人の生涯は学びに満ちています。
そんな人の生涯にわたる学びを探求していきます。

画像の説明


更新情報

  • 2017.4.2 探求ノートに読書のコーナーを追加いたしました。
  • 2017.4.1 探求ノートに教育・人材育成のコーナーを追加いたしました。
  • 2017.3.30 トップページと趣味・遊びのページにインスタグラムの写真を追加いたしました。
  • 2017.3.30 サイトにtwitterのタイムラインを追加いたしました。
  • 2017.3.29 ホームページをリニューアルいたしました。

ブログ更新情報