2019.6.9(Sun)
生涯教育×マーケティング×コーチング
生涯教育、マーケティング、コーチング、この3領域においては、哲学や思想、文脈や
コンテクストが異なることも多く、相容れない考えも多いです。
これまでそれぞれの分野を、それぞれに深めてきて、それぞれの領域や分野で活用してき
ましたが、結局つながることも多いことがわかってきました。
詳しくはこちら

2019.6.8(Sta)
文化と制度が一致しているか
組織においては、内面的な文化と外面的な制度の両方を扱うことが大切になります。言
葉を交わし、共通の認識を育てていくことによって、文化も制度も形成されていきます。文化なくして、制度は機能しないのです。
詳しくはこちら

2019.6.7(Fri)
言葉と対話が世界をつくる
意味や価値は、人それぞれ、文化それぞれです。
唯一解のない世界では、みんな違ってみんないい、だから、お互いに干渉しない、となると、それはそれで分かり合えない世界にもなり得ます。
言語と思考が現実をつくるのであり、ともに生きる私たちに必要なことは、対話なのです。
詳しくはこちら

2019.6.6(Thu)
We目線とWe思考
西洋的な自己という考えは大切ですが、限界もあります。
自己が強調されすぎると、自己とそれ以外との分断が生じかねません。
自己を含む形で、我々はどこに行こうとしているのか、というWe目線やWe思考が大切なのです。
詳しくはこちら

2019.6.5(Wed)
人とともに生きるための教育
西洋社会は自己を前提にしてきました。
自己実現はその思想の1つですが、東洋の思想には自己超越という思想があります。
自己という思考のとらわれを崩し、人や自然とともに生きることを考える教育哲学も生まれてきています。
詳しくはこちら

2019.6.4(Tue)
振り子の両極を揺れる流れ
社会は振り子の両極を揺れながら進むようなものだったり、螺旋階段をぐるぐる回る流れだったりします。
振り切ったり、時が来たら、また流れや向きが変わり、振り切れた時には、新しく見えてくることがあるのです。
詳しくはこちら

2019.6.3(Mon)
問いには筋の良し悪しがある
思考の質は、問いの質で決まります。
解くべき問いでなければ、そこから先がたいしたものにはなりません。
筋がいい問いというものがあるのです。
詳しくはこちら

2019.6.2(Sun)
挫折を乗り越えた友は強い
挑む時、うまくいかないことや挫折の連続だったりします。
誰もが何かを抱えながら生きているのが現代社会です。
道を歩むという時、挫折を乗り越えた仲間がいる、強いし、支えられるのです。
詳しくはこちら


人生は学びに満ちている

“これから生まれてくる子どもたちが、
もっと簡単に世界中の人たちや自然とつながる社会を創る。”

これが僕が日々学び、教育を研究する意図です。

この世に生まれてきてよかった、
心から思える人が1人でも増えるように。

現代社会を取り巻く状況は、
ますます複雑化してきています。

ITや医療技術などの技術革新、
人工知能の発展、
環境問題、
難民問題、
少子高齢化、
社会的格差、などなど。

経済的発展を遂げてきた日本社会ではありますが、
心の平穏まで含めた豊かさを実感できていない人も少なくないと思われます。

サン=テグジュペリは、
「真の贅沢というものは、ただ一つしかない、それは人間関係という贅沢だ。」
という言葉を残しています。

人と人がつながり、豊穣な人間関係を築くことこそが豊かさにつながるのではないでしょうか。

人は生まれてから死ぬまで、1人では生きられず、
人と人との関係性の中で生きていきます。
人は社会的な動物です。

人の生涯は学びに満ちています。
そんな人の生涯にわたる学びを探求していきます。

画像の説明


更新情報

  • 2017.4.2 探求ノートに読書のコーナーを追加いたしました。
  • 2017.4.1 探求ノートに教育・人材育成のコーナーを追加いたしました。
  • 2017.3.30 トップページと趣味・遊びのページにインスタグラムの写真を追加いたしました。
  • 2017.3.30 サイトにtwitterのタイムラインを追加いたしました。
  • 2017.3.29 ホームページをリニューアルいたしました。

ブログ更新情報