お義父さんと二人で銭川温泉

画像の説明

秋田八幡平の山の中。
銭川温泉にお義父さんと2人で行ってきました。

家族経営の小さな温泉ですが、
館内の展示や空間など、すごくセンスを感じる場所でした。

宮沢賢治の小説、絵本、
それからクルミドコーヒーの影山知明さんの本まで。
古きも新しきも、味わい深い一つの世界がありました。
ゆっくりと、丁寧に紡ぎ出されてきた空間であり、
温泉宿ですね。

やわらかい木のぬくもりに、
温泉のあたたかさを感じる空間。

湯治として利用されてきた場でありながら、
現代の良さも活かしながら、
愛される空間になっているのを感じます。

もちろん、温泉も気持ちよかったです。
お義父さんと父親の会話も、朴訥とした中に愛と重みを感じました。

コメント


認証コード8267

コメントは管理者の承認後に表示されます。