自分の身体が最大限の力を発揮できる状態をつかんでおく

画像の説明

自分の状態について、
ピークのパフォーマンスを発揮できる状態にしておくのは大事だと思います。

最近は、
毎月2回ほど整体に通って、体のメンテナンスをしていますが、
全身の疲労を和らげ、肩こりやむくみなどがなくなった身体の状態だと、
様々なことがはかどります。

何かを学ぶにしても、
集中して学べますし、

仕事をするにしても、
簡単に本来の力を発揮できます。

最近では、
筋トレとジョギングも日課に加えて、
身体のメンテナンスや強化をしていますが、
体の状態を整えておくのは、
学びにも仕事にも良いです。

自分がどんな状態だったら、

最大限のパフォーマンスを発揮できるか、

それをつかんでおきたいものですね。


僕の場合には、

・睡眠時間は6時間以上

・夜中の0時前には就寝

・朝は遅くても7時前に起床

・部屋が片付いている

・日記を書いている

・メルマガを書いている

・月2回の整体

・自然に触れるなど感性を磨いておく

・週末以外は飲酒しない

・髪は適度に短く

・私服でラフなスタイル

などなど、

身体がベストのパフォーマンスを発揮できる条件がいくつかあります。


身体も環境の影響を受けるので、

部屋や空間も大事ですし、

精神的な疲労やストレスから、体の強張りなども生じるので、

メンタル的なケアも大事です。

身体に関して、

まだまだ学ぶことは多いのだろうなと、

今さらながらに思います。

プロスポーツ選手は、

体重が少し違うだけでもパフォーマンスが大きく変わりますが、

知的労働においても、そういう要素はあるなと思います。

<まとめ>

■自分がベストのパフォーマンスを発揮できる身体の状態はつかんでおきたい。

■どんな状態であれば、頭がしっかり働くのか。
体の動きがよいのか。
体のコンディションを整えておくことも大事なのだ。

■コンディション次第で、
学びの深さも、仕事の効率も大きく変わる。
睡眠や食事、運動や休息など、自分の力を最大限発揮できる状態で、
いざという時は物事に対処できるとよい。

コメント


認証コード1640

コメントは管理者の承認後に表示されます。